転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

応募先の探し方→ネットで探すのが常識な時代。

とにかくインターネット優先

では、早速具体的な応募先を探す作業に入りますが、

その前にあたりまえのようで、意外と準備できていない人の為にお話します。
インターネット接続環境とパソコンは必ず準備して下さい。

この転職就職活動面接攻略ガイドサイトを見ているということは、

どこかのパソコンかスマートフォンで見ていることになります。

 

もしマイパソコンが準備できていない人がいるとすれば、「会社の業務用でいい」とか

「インターネットカフェで必要なとき使うからいい」とか言わずに準備してください。

 

別の用途ではあまりパソコンを利用しない人などはメーカのきちんとした新品ではなく3~5年程度昔の中古品や、

各パソコンショップなんかが出しているオリジナル商品などで格安に購入することをお勧めします。
特殊な用途で利用するわけではなく、今回の目的のように転職活動+アルファの目的の場合であれば

5年ほど前のパソコンでも必要十分ですので利便性ではまったく問題ありません。
あと、忘れちゃいけないのがインターネット接続環境です。
今は、インターネット上のWebサイト(ホームページのことですね)上で、

転職活動に必要なデータを保存しておき、最新の情報として人材紹介会社、

転職情報サイトなどと本人が共有する方式が主流ですし、非常にサイト検索も多用しますので、

できればブロードバンドにしておいてください。

 

じゃぱネットた○たなどではワイモバイル同時契約するとパソコンが108円とかありますからびっくりデス。

 

ではどうやって探すのがベストか?

これから実際に世の中にある求人からあなたに最適なものを探す段階に入ります。

●その企業の媒体(主にWebサイト)における採用情報
●人材紹介サービスでの紹介
●転職情報サイトでの検索
●転職雑誌
●ヘッドハンティング
●口コミ・知人からの誘い

などなどが考えられます。
いきなり結論からいいますと、人材紹介サービスと、その企業の媒体のみを利用します。
これは、あなたにとってベストの選択ではありませんが、あなたの現時点でのベターな方法です。
まず一番に思いつく転職情報サイトや転職情報誌ですが、はっきりいってこれらに載っている情報からでは、

採用されやすい応募かどうかを判断する材料が、「職種(仕事内容)」と「社名」と「わかりにくい表現で書かれた応募条件」しかありません。

 

これでは、せっかく採用されやすい応募に絞込みを行い、効率よく内定を得た上でさらにその中から自分の希望に近づけ、

次の転職時にも採用されやすい応募を絞りやすいものを選択するという戦略が崩れ、非常にいきあたりばったりの危険な戦略になってしまいます。

 

↑の戦略が使えるのは「各種職業紹介会社」とか 「人材紹介サービス」といわれる紹介サイトだけです。

 

あなたが登録して、応募企業を探すスタイルは人材紹介サービスです。

 

あなたに必要なツールは、各種職業紹介会社(人材紹介)と、

その企業が直接採用情報を告知している媒体ということになります。

当サイトでは各種職業紹介会社(人材紹介)で紹介しています。

 

 

 

最近の投稿