転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

失敗体験を使うアピール方法

職務経歴書の中の自己PR・実績の項目を書く際のアピールのです。

転職活動をする時は、どうしても自分の成功体験をアピールする事だと思って しまいます。

私は、過去にこんな素晴らしい実績を上げています。 私はこういう仕事に携わり、実績を作りました。

在籍していた会社では、利益を上げて社長賞まで貰いました。 そういった自分の成功事例を書くケースが多いです。

実は目立つ為に逆のパターンでアピールをする事もありです。 成功の逆ですから、失敗をした事です。

私はこういった失敗を経験しました。 ですから、今後は同じ事態にならないように教訓にしています。

そんな部分で、「失敗」をキーワードに面接官の共感を得たり、関心を得る方 法もあります。

テクニックとして、一つ覚えておいて下さい。

 

職務経歴書を自分のメリットしか書かないようなアピールばかりをしていると、

読む側も「どうせ、大げさに書いてあるんだろう。」と斜めに読んでしまいます。

その中で、わざと不利になるような事も書いておくと、他の職務経歴書との違 いが生まれ、

ギャップが生じますので、そこから注目をされるというケースも あります。

そういうやり方も私のお薦めする方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿