転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

採用されやすい応募先は一目で分かります。

こちらのガイドで推奨している方法は、まず入れる可能性の高い企業に応募し、

その中から選択するという手法をとることが前提になります。
ですから、「応募企業を探す」ということはイコール「採用されやすい応募先を探す」ということになります。
ではいったい、どんな企業、応募先なら採用される可能性が高いのでしょうか?

基本的に、まず今の仕事内容から離れた業務を行う職種、企業からは採用されません。

 

募集企業側は“すぐに”業務を行ってもらえる即戦力が欲しいから中途採用をしますし、

採用条件に「○○○の経験がある人」というようにすぐに戦力になってくれる人を探しています。
その応募職種と全く同じか、すこしレベルの高い仕事をしている人が採用されやすいということになります。
その次に、採用条件に「○○○の経験がある人」と記載されているように、

その応募職種の仕事内容とほぼ同等の仕事もしくは知識をすでに持っている人

という意味でその○○○を今の仕事で経験している人。ということになります。

2c2ed1215505db878cee09dd7a3b7fbb
今と同じ職種、採用条件通りの仕事を今している応募先ということになります。
あと、忘れてはいけないのが会社の規模です。

すでにお話している通り、企業イメージはとても大事です。

採用側も所詮人間ですから知名度にしたがってその人の優劣を付けます。

 

そうすると、応募企業よりも規模の大きい企業、

知名度の高い企業に勤務している人からの応募には弱いものです。
つまり、あなたが応募するのは今の企業よりもすこしだけ小さい、

もしくは知名度の低い会社にすることで採用される可能性は格段に上がります。
もう一つ、あたり前の話ですが同業他社というのも非常に採用される可能性が高いです。

これは同じ職種であればまったく同じノウハウで業務ができますので採用側からしても即戦力になります。

 

でも、今の仕事がいやで転職を考えているのであれば同業他社は選択肢に無いでしょう。

仕事はいやではなくて人間関係がいやだという場合は選択の余地はあります。

 

 

最近の投稿