転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

転職を誰かに相談したりしませんか。

「転職してみたいんだけどどう思いますか?」

なんて、誰かに相談したりしますか。

 

そんな風に相談すること自体が、もう逃げてますね。

誰かに相談して止められて考え直しちゃう人って結構います。
これって・・・はっきりいいます。
ただ単に怖いんですよね?

 

0120070409010120060409041b_1

 

「今の自分の状況に問題がある」と感じている自分が居ます。

でも、自分の環境にある変化が起こりそうになると、変化を好まないその本能が働き、

深層心理でその変化を受け入れないような思考をどんどん生み出していくそうです。
そうすると「転職したい」→けど「失敗したらどうするんだ」「相談した人からは、転職なんてって言われたし」

「今より良くなる保障なんてない」→「この生活がいい方なんだ」と、どんどんネガティブ思考のスイッチが入り、

負の考えばかり浮かんで、結局「自分には今のままがいいんだ」などと思い込まそうとするんだそうです。

このことはあらゆる、有名な自己啓発本にも記載されています。

 

また、さも「自分は何でも知っていますよ」とでも言うように、

転職失敗談や転職の厳しさを説いてくれる知人の存在がある場合もあるでしょう。
もちろん、そのようにあなたの為にアドバイスをしていただける知人は、頼もしい存在ですが、問題でもあります。
そもそも「その人とあなたは違う」ということが問題なのです。

 

それは、あくまでその人の考え方であって、あなたにマッチしたものではないと理解する必要があります。
人の意見に左右されて、「失敗するかも」と闇雲に考える必要はありません。

 

自分の人生です。今の自分の環境が問題ならそれを解決するには自分で考えて行動しましょう。

 

 

 

最近の投稿