転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

独立や起業よりも転職じゃだめですか?

独立起業に対して転職は非常にリスクが少ないです。

全財産を失ったりすることは無いでしょう。
もちろん、転職回数が多いと一部の世間からの冷たい評価や、

転職時期によって一時的に賞与が減少するなどのリスクはあります。
ただ、転職するのに独立起業のようなお金はかかりません。
また、失敗したからといって、そのままあなたの生活を脅かすような状態にはなりません。

cimg7013-2

 

独立起業時のように、失敗して再度這い上がるための強靭な精神力などは必要ありません。

また、もう一度いい会社を探すために転職活動するだけです。
そうすると、自分の本当の望みは転職することではないが、望みをかなえる、

望みに近づける為には独立起業よりも転職が最適であるといえます。

 

何度も転職しないといけないのか?

もういちど「自分の本当の望み」ということが重要になってきます。
転職は独立起業と違い、労働者としての立場を続けて、自分の望みのために会社を変えるということです。
ということは、ある時期は自分の望みが叶った状態だとしても、それを自分で維持したり、コントロールすることができません。
望まない部署移動や転勤などがありますからね。
ある期間は転職により自分の望みをかなえていたといても、

いずれ自分の望みから遠のいてしまっていると思う日がきてしまいます。
嫌な上司が異動してきたり、嫌なお客さんの担当になったりなんて事もあります。
または、自分の望む姿そのものが変化をしてしまうこともあります。
悪くすれば、自分の望みがかなうと思って転職したのに、

すぐに自分の望み通りになっていないと思い知らされることもあるでしょう。

 

どうすればいいのか?

 

また、転職をすればいいのです。たとえ取り巻く環境が変わっても

何度も転職をすることで自分の望む状態であり続ければいいのです。

 

そうやって理想の天職を見つけましょうということなんです。

 

 
職種別求人情報サイト案内 一覧
 

最近の投稿