転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

人を変えるにはまず自分が変わらないと・・・Kさんの学びとは

前回の続きです。

Kさんは、コーチングを学び始めました。

 

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。
相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

 

学び始めてすぐ、今まで自分が求めていたものが
「コーチング・スキル」の中にあるかもしれないと感じました。

 

Kさんは、

「こうしろ、ああしろ」と言う代わりに
「どうしたらいいと思う?」という質問をする。

 

返ってきた答えには「だめ」と言う代わりに
「素晴らしい」という承認をする。

 

この二つだけを意識し、部下の話を「聞く」ことから始めたのです。

 

 

まず最初に職場の雰囲気が変わりました。
ぴりぴりした感じが無くなり徐々にお互いを認め合うようになりました。
Kさん自身も、今までは許せないと思っていたことが、
「違い」として受け入れられるようになっていきました。

 

Kさんが、自身のマネジメントにコーチングを導入した翌年、
会社の経常利益は前年比の4倍となり、業績を回復するきっかけとなったのです。

 

 

「マネジメントの理屈はわかるが、実際にどうしたらいいのかがわからない」

 

Kさんは、その答えを求めて、

それまでにベンツが買えるほどの額を研修費に投資したといいます。

 

 

そして、Kさんはコーチングを学ぶ中で、実際に行うことのできる「行動」を見つけたのです。

 

以前はきりっとしたスーツ姿で、まさにバリバリの女社長! という雰囲気が

まわりに漂い、少し近づきがたい印象を受けたKさんですが

今では表情は温和で、以前の人を寄せつけないような雰囲気がまったくなくなっていました。

 

・・・・人を動かすには、自分の意見を押し付けるのではなく

まず自分の行動を変えて人を認めることからはじめると良いですね。

最近の投稿