転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

順風満帆だった事業、でも・半年間で16人のスタッフが全員やめました。。。

Kさんは15年前、25歳の時に主婦業の傍らとして
データ入力を請け負う仕事を個人創業しました。

 

3年後にはスタッフが16人、SOHOでデータ入力を行う登録者が
100人を超えるまでにビジネスを拡大しました。

 

順風満帆だった事業に、ある事件が起こりました。
それは彼女にとってまさに青天の霹靂でした。

 

 

半年の間に、16人のスタッフ全員が会社を辞めてしまったのです。

 

そのころのKさんは典型的なボスマネジメントでした。
よく口に出していた言葉は、

「がんがん仕事しなさい」
「たるんでる」
「根性が入ってない」
「私の言うとおりにやりなさい」

 

 

周りからの評価は「社長はいつも怒っている」

 

Kさんは、何とか自分のやり方を変えたいと思って、猛勉強を始めます。
書籍はもちろん、マネジメントに関する研修やセミナーに
数え切れないほど参加しました。

 

 

ある研修で、「責める、批判する、文句を言う、がみがみ言う、
罰する、脅す、褒美でつる」ことをやめれば、
1週間でいい人間関係をつくることができるという話を聞き、
早速実践しました。確かに雰囲気はいい感じになりました。

 

 

ところが、それをやめたら代わりにどうやって
部下とコミュニケーションをとればいいのかがわからない。

 

 

Kさんは次のステップとして、
自分がよりよいマネジメントをする為に何をするかという
「行動」を明確にする必要がありました。

 

 

Kさんは、その後もさまざまな研修に参加するたびに、
講師に何をすればいいのか教えて欲しいと尋ねました。

 

 

その質問に対して、誰に聞いても返ってくる答えは同じでした。

 

「Kさん、テクニックじゃないんですよ」
という抽象的な答えでした。

 

 

さあ、Kさんはどうして問題を解決したのでしょうか。
つぎの「今日の独り言」に続きます。

 

最近の投稿