転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

斉藤一人さんの 確実に勝つ一点突破の仕事術 その8 最終回

斉藤一人さんの 確実に勝つ一点突破の仕事術

ついに最終回です。

「自分が変われば世界が変わる」

 

みっちゃんのこの本(『ほめ道』)も、うわっつらで売れようと思って書いた本じゃないんです。
みっちゃんみたいな不器用な人間でもできるように書いてあるんです。

 

だから、この本を買った人間は実践したくなるんです。
買っただけなら損なんです。実践しないとね。

 

だから、読んだ人がやりたくなるようなことを書いてないとだめなんだ。
読んだらなにか自分で変えたくならないとだめなんです。

 

だって、本を買うことが目的じゃないんだから。

 

自分を変えることってね、「ああ正当なる努力をしたい、正当なる努力をして一歩前に出たい」
ってそういうことだと思うんです。

 

「帝国ホテルで修行しました」って店を出す人がいます。

 

帝国ホテルの味をそのままもってきましたって。でも同じじゃだめなんです。
もっとおいしくないとだめなんです。

 

真似だけするってのは、なまけなんです。

 

真似するんだったら、帝国ホテル以上のものを出さないとだめなんです。
真似するって、ただ真似りゃいいってもんじゃないんです。

 

だからみっちゃんが、「ほめ道」で私の真似したっていうけど、
みっちゃんは私以上のことをしたんです。

 

だから、『ほめ道』という本が出たんです。私のときはでなかった(笑)。
だから、みっちゃんは私以上のことをしたの。

 

最近、みっちゃんのことをほめる人がたくさん出てきました。

 

 それが「自分が変われば世界が変わる」ってことなんです。

 

 

 

 

 

 

 

他人を変えることなんて出来ません。

でも・・・自分を変えることは出来るんです。

 

 

私たちの体は60兆個の細胞で出来ています。

その60兆個の細胞がある一定のスピードで

新しい細胞と入れ替わっているのをご存知ですか?

人間の体は一日でたくさんの細胞が死んで、

またたくさんの細胞が生まれています。

 

 

分子生物学によると、

6ヶ月で完全にすべての箇所の細胞が入れ替わってしまうと言います。

脳も、胃も、ふくらばぎの筋肉も、すべて。

体を物質とみた場合、

6ヶ月前の自分はまったくの別物ということになりますね。

 

 

自分の細胞はどんどんどんどん生まれ変わっています。

心だって決意だって変えることは出来ると思います。

グッドラック!!

最近の投稿