転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

企業は自分を求めているのか

自己分析をした結果、自分のやりたいこと未来の自分の仕事を決めました。
次は何をするのでしょうか。

転職活動における、自己分析とは企業のニーズを無視しておこなっても無意味な部分があります。
企業が求めているニーズはどこにあるのか、という事も考えていくべきです。

それを考えてみた上で、どんな商品価値が自分にあるのか、何が出来るのか、
自分のセールスポイントはどこなのか、といった事を考えていく方が受かりやすいでしょう。

では、企業のニーズとはどのようなものなのか?
それを知るには求人情報を深く読み取る事です。
つまり企業分析です。

相手が求めているものを深く分析する事になります。
これをする事により今、現在、転職市場で、どのような人材が求められている
のかが見えてくるでしょう。

見えてきたら、「あなたが求められている人材なのか?」を考え、自分のどの
部分をアピールしたら良いかを考えましょう。

もし、あなたにアピールするものが見つからなければ、企業のニーズにどうす
れば自分を合わせる事ができるかを考える事が大事です。

「企業がどんな人材を求めているのか?」を分析して自分と相手の希望
とをすり合わせていく事を考えていけば上手くいきます。

求人欄にある、相手が求めている能力やスキルに注目してみましょう。
例えば「コミュニケーション能力の高い方」と書かれていた場合、
その、コミュニケーション能力は一体、仕事のどんな場面で使うのでしょうか。
想像をしてみて下さい。

例えば仕事の打ち合わせの場面では、それぞれの立場からの要望を把握し、とりまとめ
て、伝えるべき事をしっかり伝達する能力が、求人をしている相手があなたに
求めている能力になります。

「コミュニケーション能力」を使って良かった事も、これまでの経験から思い
出して具体的に考えてみて下さい。
仕事内容と、なぜ、そこで求められている能力なのかを考える。
そして、その能力はどんな場面で使うものなのかについてイメージする事が、
あなたの自己分析と企業分析のコツです。

記されている募集条件を、ただ一読して受け止めるのではなく、その裏を想像
してみる事が大事です。
なぜ、この能力が募集条件として書いてあるのか。

求人を出している企業の採用担当者には、なにを伝えれば、あなたが相手のニ
ーズに合っている人間だと思ってもらえる事が出来るのか。

大事なのは、相手のニーズに合っている、あなたという商品を売り出していく事です。
先ほども自己分析をしていただきましたが、相手のニーズ、企業分析も必要です。

「なぜ」この能力は特に求められているのか、その能力を使ってあなたは仕事
の場面でどのように活躍するのか。しっかりと考えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿