転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・印象が悪い場合は断る

面接の時に明らかにこの会社は、「ダメだなぁ」「印象が悪いなぁ」
「行きたくないなぁ」などと思ってしまった時は、躊躇せずに止めるという
決断を下すべきです。

印象が悪い会社に変に媚びない事です。

私も、今までたくさん転職をしてきています。
面接も転職を成功させた数の数倍は受けています。

その中で本当にひどい会社もいっぱい見てきました。
印象が悪い会社というのは、必ずあります。

その場合は、わざわざそこに行く必要はありません。
「こちらからお断り」と切り上げて帰るようにして下さい。

駄目な会社でも、面接まで来た以上は、今後の転職の勉強の為であれば、面接
を受けて、次回に生かすことを考えても良いでしょうが、その際も媚びないで
しっかりと受け答えをする事です。

その前に会社の第一印象、例えば室内が散らかっているであるとか、薄暗い印
象で良くないと思ってしまったとか、応募したあなたへの接し方でここはダメ
だ、と思ってしまったら、無理に面接を受ける事はありません。

時には「退く」事も大事なのです。

面接は相手側に選ぶ権利があるのですが、こちら側にも選ぶ権利があります。

「採用して下さい。お願いします」という姿勢ではなく、「どの会社で働こ
うかな」という強気の姿勢も時には必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿