転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・面接後のお礼状

面接を受けた後にはお礼状を出しましょう。

面接官のあなたへの印象が薄れない内に、また社会人としての対応も見られて
いるので、すぐに出しましょう。

お礼状の書き方としては、ハガキで即日が一番です。
パソコンで打つのではなく、手書きで書きましょう。

年賀状と同じで、パソコンを使って印刷された文章よりも絶対に手書きで書い
た方がいいです。

面接官のあなたへの印象が良くなります。

書くべきポイントとしては、
・ 面接への感謝の気持ち
・ 面接で実際に仕事で興味を持った点、関心点
・ 業務に関連した自分の能力の再アピール
・ 働きたいという強い気持ち
・ 最後にお礼の言葉

応募条件を満たしていない場合、また、面接でのアピールが不足したように思
った場合などで面接に対して不満が残る出来だという自覚があるなら、この
「お礼状」が最後のアピールチャンスです。

私も面接官として、採用担当を受け持った時に感じた事なのですが、ほとんど
の人は「お礼状」を出しません。

その中で、「お礼状」を出してきた人の印象は良くなります。
ですから、面接を受けた後に必ずやってほしい事です。気持ちが通じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿