転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・後悔しない為の確認を

入社をした後に「こんなはずではなかったのに!」と後悔をする事も多々あります。

そして、その兆しは面接の最中にあります。
そこで、もしも気になる事があったり、少しでも疑問に感じた場合は、確認を
する、質問をするという事をした方がいいです。

そうでないと、入社してから、希望の部署に行けると思っていたのが、全く違
う部署に配属されてしまったり、入社一ヶ月で急に地方への転勤を命じられて
しまったりといった事もあります。

そして、どうしてもこれだけはダメだという付帯条件がある場合は、面接の際
にでも、はっきりダメだと伝えて下さい。

ですから、疑問に思ったり、「あれ、おかしいな?」と感じたら、すぐに確認
をする事です。
この確認は、後々入社してからあなたが後悔しない為にです。

前に質問の仕方を記しましたが、例え、逆効果になる質問でも、それをしなかっ
た為に入社してから後悔するよりは、面接の場であなたが気になる事は確認す
べきです。

例えば、あなたがどうしても週休2 日はゆずれない条件だとしたら、聞き方一
つで、悪い印象を与えずに、きちんと休めるのかを確認できます。

「休日出勤するのは全然問題ないのですが、休日は週に2 日くらいと考えてお
いたほうがよろしいでしょうか?」

このように聞けば、休めるのかどうかは確認できます。

転職はこれまでのライフスタイルが一変する人生の一大事です。

後から取り返しのつかない事になるよりも、その場で面接官に確認を怠らない
ようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿