転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・逆効果の質問とは

逆に、仕事内容について待遇面について残業についての質問や教育制度が
ありますかといった質問はNG です。

そういった質問は やめた方がいいです。

なぜかというと、教育制度に関しては、会社は学校ではないですよと。
残業について聞くという事は、あまり働きたくないという事なのかと。
待遇面についても同様で、仕事よりも楽する事しか考えてないのかと。

仕事内容についてとなると、何も下調べをしてきていないのかと相手にとらえ
られてしまいます。

こういった質問は、かえって面接官をイライラさせてあなたの印象度で言うと
マイナスになります。

「質問力」と言う本がベストセラーになっていますが、質問の仕方一つで、こ
いつはできる奴かできない奴かを判断される時代です。

例えば、聞きづらい残業や待遇面に関する質問でも聞き方一つで、悪い印象を
与えずに聞き出せるものです。

「残業するのは全然問題ないのですが、一日に何時間くらいなのか目安を知り
たいので教えてもらえませんか?」

「休日出勤するのは全然問題ないのですが、休日は月に4 日くらいと考えてお
いたほうがよろしいでしょうか?」

このような聞き方だと「残業は何時間くらいですか?」と直接聞くより印象が
違ってくるものです。

下調べをして、それを基に仮説を考えて確認してくる、そんな質問をしてきた
場合は好印象になります。

逆に、面接の前に会社の事をしっかり調べてないと思われる質問や目的のはっ
きりしない質問はあなたの評価が下がる危険な質問ですので、注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿