転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・最後の質問はと聞かれたら

諸々の質問が終わった後に「何か質問は、ありませんか?」と聞かれます。

この、あなたからの質問ですが、基本的にはこれは聞いた方がいいです。
なぜなら、面接官も質問をしない応募者よりも、質問をする応募者に対して、
熱意を感じるからです。

ですから、この場面になったら質問をした方がいいです。
面接を受ける中で、色々な説明を聞いてしまったから、こちらから質問をする
事は無いとは思わずに、敢えて質問をした方がいいです。

面接の流れの中で自己PR はしていますが、相手の質問に即した形での自己PRです。

この最後の「質問はありませんか?」もいってしまえば、転職に熱意を持って
いるあなたの自己PR のチャンスです。

もしも、最後にあなたからの質問をしない場合というのは、よほど時間が詰ま
っている、あるいは面接が不首尾に終わったという様子が先方の態度から感じ
取れた場合です。

そうでない時は、必ず質問をして下さい。
質問をする時も、たくさん質問をするのではなく、一番重要なのはタイミングです。

「質問はありませんか?」と聞かれた時に、「はい」とタイミング良く答えれ
ば、積極性があるという判断もされ印象が良くなります。

続いて、どういった質問をすればいいのかという事についてです。
一番いい質問は、当たり障りのない事です。
まず、面接官もその方がやりやすいです。

具体的には、
会社の人事の制度についてもっと知りたいです。
会社の社風、カルチャーについて。
会社の将来のビジョンについて、事業計画について。
などの当たり障りの無い事です。

質問というよりも、確認レベルで聞くのが一番いいです。
面接官が答えやすい事を聞く、面接官がやりやすいように聞く。

相手の気分が良くなるような質問をする事を心がけて下さい。
そうする事によって、あなたの印象はもっと良くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿