転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・緊張をほぐす台詞

上がり症の方や、赤面症の方、緊張しやすい方も多いと思います。
実は、私も緊張しやすい体質です。

逆に、これをうまく使って面接を受ける方法があります。

入室した後、まず初めに面接官に、

「すみません。私、今とても緊張していますが、気にされないで下さい。
よろしくお願いします」

と言ってしまう事です。
最初に、欠点を言ってしまう事です。

そうしてしまえば、その後は「すーっ」と楽になりますし、取り繕う必要もな
くなります。

そして、弱点をさらけ出すと、たいていの場合、面接官も「気にしないで下さ
い。大丈夫ですよ。」と言ってくれるはずです。

もしも、かなり緊張をしてしまって、何を言ったらいいのか分からなくなって
しまった。

そして、言葉が全く出てこなくなってきた人は、そのような手段で緊張をほぐ
すきっかけを自分で作るという事もお薦めします。

あとは、面接官がどんな人間かというのも考えておいた方がいいでしょう。
面接をするといっても、プロ中のプロが面接をしているのか? と言うと、ほ
とんどが違います。

面接を担当した事がある立場から言っても、面接をする側としてレッスンを受
けた事はほとんどありません。

こういう事は言わないで、という禁止事項つまりNG ワードや、セクハラにな
るような言葉についての簡単なレクチャーは受けますが、そこまでです。

基本的に、面接官自体が素人である事が多いです。

営業部の統括部門の面接だから、営業マンが面接をするであるとか、そういっ
た繋がりで現場の責任者が面接官になっているだけです。

あなたが自己紹介をしている時に、面接官が何を考えているかと言ったら、
実は「次に何を質問しようかなぁ」なんていう事なんです。

つまり、素人の面接官が主観的な判断で、現場で仕事が出来るか出来ないかを一時間程
度の対話で決めるというのが、中途採用の面接の実際のところです。

ですから、面接官を怖がったり苦手に思うことは一切必要ないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿