転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・マナー

マナーとして、まず大事なのは、清潔感です。
清潔な服装をしていく事です。

『人は見た目が9 割』という本が売れていますが、本当にそうです。

書類審査でも第一印象が大事ですが、面接ではもっと第一印象ありきです。
ほとんど最初の5 分で決めるとも言われています。

清潔感についてですが、フケが落ちていたり、スーツがくたびれていたりすれ
ば、もうそれだけでダメです。

きっちりとした印象を与える、清潔感のある格好をしていく事が大事です。
そして身につけるもの、持ち物にも気を配って下さい。

面接官が見るポイントとしては、手と足元です。
そこは、自然に目につく部分ですから、やはり見られます。

例えば、爪が伸び放題で汚いとか。
女性の場合はマニキュアが剥がれかけているのなどはNG です。

そういった細かい部分をやっていくと、次は足元になります。
スーツは下ろしたてでキレイにしているんだけど、靴は汚れているなぁ…。

これは最後まで身だしなみが行き届いていないという事で、ダメです。
靴もキレイに磨いたもので行く事が大切になります。

女性にしても、ミュールのようなカジュアルな履物やペタンコな靴はダメです。
ハイヒール、少なくともヒールのある靴を履くべきです。

そして、アクセサリーは付けずに、化粧も濃くならないように。
小ざっぱりとして見えるかどうか、その点を注意して下さい。

清潔な印象を与えるような服装を心がける事の他、靴とバッグと時計といった
持ち物のバランスを取って下さい。

心理学的に見て、持ち物のバランスが極端に崩れている場合は、心のバランス
が崩れている証拠になります。

私が面接官をした時にもありましたが、一点豪華主義で時計だけはロレックス
などの高級腕時計なのに、靴とバッグはしょぼくれた印象があるものを身につ
けている。

女性の場合も、バッグだけはシャネルのすごいものを持っているけれど、時計
と靴は安物で間に合わせている様子は見ていて違和感があります。

なんだかバランスがおかしいぞ、と。

見た目がおかしいので、当然、結果は出ません。
全てを身につけた時に、同じ価格帯でバランスが取れるようにしていただくと
安定感が出ます。

一つだけ高級なものを持っているのではなく、見た目全体でのバランスが崩れ
ないように心がけて下さい。

この事は実際に、私が面接官を務めるまでは気が付かなかった事です。

実際に、時計だけはロレックス、鞄だけはシャネルだと目立ちますし、靴だけ
は汚れてるとか、爪に垢が溜まってる場合も目に付きます。

この辺りは、清潔感のある服装と合わせて大事な事です。
注意して下さい。

ただ案外と、自分では見落としがちな部分があるものです。
面接に行く前には、できれば家族や友人などに全身チェックをしてもらうぐら
いでいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿