転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接本番・基本的な流れ

面接の基本的な流れとして、多少は前後する部分もありますが、大体のパター
ンがあります。

最初は雑談みたいな事から始まります。
まずは世間話をして、そこから自己紹介、転職理由、志望動機、等が聞かれます。

次に、あなたのスキルの確認、実績の確認、そして、仕事適性です。
果たして、新しい仕事をこなしていく事が出来るのか?などの適性面の確認です。

その後は、仕事の内容や条件、待遇面の説明になります。
その流れで、残業は対応してくれるのか、出張もしてくれるのか、転勤はでき
るのか、等と細かく聞いてきます。

そして、最後に給料はいくらか、有給休暇は何日くらいです、休みは週に2 日
はあります、等の待遇面の話になります。

そこまで来ると、最後に面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれ、質
疑応答があって、終了になります。

大きくはそういった流れです。
雑談が無く、これまでの仕事の実績から始まる事もありますが、このような流
れがある事は頭に入れておいてください。

そして、選ぶ側が気にして見ているポイントは、まずは第一印象です。

第一印象は、服装、声のトーン、笑顔そういった所で、ほぼ決まりです。
ここで印象が悪いと後で挽回するのは難しくなります。

そこをクリアーしたら、次は、「転職理由」「志望動機」「自己紹介」の流れ
で一貫性のある事を言っているかどうか。

そして質疑応答があって、総合的な判断があり、最後に合格か不合格かの判断
がされます。

ここからは、面接に入る第一歩から、順を追ってポイントを書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿