転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

一般常識試験には中学生になる

最近は面接の際にも簡単な性格適性審査や、一般常識の試験を行う場合が多々あります。

新卒採用の場合は、SPI になりますが、転職採用の場合も、「念のために」
書類審査の後に面接日に行うケースです。

もしも、あなたが「自分は、一般常識が欠けている。」という自覚があるのな
ら、やはり勉強をしておいた方がいいです。

勉強方法としては、中学校レベルの教科書を買ってきて、最低でも3 回以上全
部読む事です。10 回も読めば、自然と頭の中に知識として残るはずです。

いきなり日経新聞などを読んで知識を入れようとしても、基礎知識がないと理
解できずに終わるでしょう。

いま、世の中でどんな事が問題になっているのか、そういった一般的な事柄に
対して、自分があまりにも物を知らない、常識に欠けていると思ったら、ざっ
とで構いません目を通して下さい。

特に中学校の社会科の教科書で勉強してみるのは、有効な手段です。

そこに書いてあるような世界、日本の歴史の流れや、行政のシステムについて
など一通り理解できれば、最低限の一般常識はあると思っておいて下さい。

試験で恥ずかしい思いをしたくなければ、読んでおいて損はないはずです。
また、あなたが異業種への転職を考えているのであれば、その業界の最低限の
知識は頭に入れていた方がよいです。

その為には、本屋さんの就職活動やビジネス書のコーナーに行けば、各業界向
けの入門書がありますので、まずはそれを買って読むと良いでしょう。

これらは新卒の学生向けに分かりやすく書かれてますので、教科書と同じく、
基礎知識を得るのに最適です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿