転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

面接で重要じゃないけどよく聞かれる質問には

転職理由、志望動機、自己紹介の三つだけ考えれば、ほとんど問題なく面接は
クリヤーできます。

ただし、その他の重要ではない質問として、面接の時に良く聞かれる質問があ
ります。

「あなたの今までの人生の中で、成功体験と失敗体験があれば教えてください」

「あなたの性格の長所と短所を教えて下さい」

これらの質問に対しては、前向きに言い換える事が一つのポイントです。
例えば、自分の短所を「神経質なところです。」とそのまま言ってみたところ
で良いアピールにはなりません。

うまく伝えるにはどうしたらいいのか?
考え方としては短所の裏には長所があるという事です。

つまり、短所は長所に転化させると上手な言い方になります。

短所として「優柔不断です。」が、裏を返すと「柔軟性に富んでいる。」とい
う長所になります。

言い方としては「優柔不断だと言われますが、その分、柔軟性に富んでいる面
があると自分では思っています。」であるとか。

また、短所が「頑固」の場合は「意志が強くて、しっかりしている。」という
長所を併せ持っていると、相手に伝える事が出来ます。
短所を伝えた後に、転化して長所を伝える事が出来れば良いわけです。

伝え方の秘訣は他人の意見を利用することです。あなたの周囲の人からは、
自分はこう見られているようです。という言い方です。

あなただけがそう思っているのではなく、周りの人はこのように評価していま
すという事を、「~な性格だと、人から言われます。」と盛り込むことで、あ
なたの長所をうまく説明して下さい。

ここでは、応募先が好ましいと思うような「明るい」「前向き」「協調性があ
る」「機転が利く」などの性格の長所を人からの評価という言い方で説明でき
るようにすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿