転職とは自分の天職を見つけ、生きがいをつかむための方法です。

転職理由という質問に対して

まず、転職理由です。
「あなたは、なぜ転職をされましたか?」という質問です。

転職をする事を決意した理由。
そこには、不満があるから転職を思いついたと思います。

これは大前提ですね。例えば、嫌な事があった。
あの上司が嫌いだ。人間関係もあるかもしれない。
こんな仕事はやりたくないというのもあるかもしれない。

他にはこの会社は先行きが見えない、終わっているようだなと感じる事がある
かもしれない。

ここにいても、しょうがないと感じるのにも色々な理由があると思うんですが、
やはり「不満が一番」ですよね。

それは、転職の理由として間違いなくあると思います。
ただ、面接を受けた時にそのまま言ってしまってはダメです。
それを言ったら、お終いです。不合格です。

だったら、何を言えばいいのか?
転職理由を述べる時に、気をつけたい事は、ただ不満を述べてばかりで、それ
が原因で転職をしていますという事では、相手にいい印象を与える事が出来な
くなってしまいます。

では、どうすれば、いい印象を与える事が出来るのか?
自分が現在持っている不満を解消し、自分のなりたい未来の姿を想像する事です。

その不満を解消した姿、自分の未来の姿が、転職を決意した結果であり、その
不満を解消して仕事をする事が、当面の転職活動の目的になります。

転職理由に関しては、不満を持っていても、それをそのまま伝えてしまうので
はなく、前向きな理由にすり替えて相手が納得するように説明する。
これが大事です。

こんな風に言ってみましょう。
「これからも成長し続けたいですし、キャリアアップをしていきたいです。
しかし、今の会社では~の理由で実現できそうにありませんので、今回、転職
を決意しました」

または、給料面での不満がある場合は、
もっと幅が広く、給与の良い仕事に転職したいのですから、

「今の仕事は嫌いではないのですが、これ以上の給与を得るのは難しいのが現
状です。そんな時に御社の求人を拝見し、結果を出せば出す程、給与が上がる実力主義
の世界で自分を試して見たいという気持ちが強くありますので、転職を決意し
ました。」
という答え方も出来ます。

現在の不満を解消した自分の姿を想像しながら、自分の希望が実現した時の姿
を思い描きながら、前向きな理由で相手が納得しやすいように答えるようにします。

この転職理由、すなわち、会社を辞める理由は、次の志望動機にも繋がります。
ここを深く考えていただく事で、相手も納得しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿